女性に見られる原因

男性だけでなく、女性の多くもうつ病を発症します。男性と同じように「仕事」が原因でうつ病を発症してしまう女性も多く見られますが、女性特有の原因でうつ病を発症してしまうケースも多いのです。では、女性に見られる主な原因とは、いったいどのようなことがあげられるのでしょう。
女性に見られるうつ病の主な原因の一つに、「妊娠や出産、月経」があげられます。妊娠や出産など、特に初めての方にとっては負担や不安が大きく、ストレスを感じうつ病を引き起こしてしまうケースも少なくはないのです。これまでの自分の体と大きく異なる体系になってしまったり、つわりがひどく、通常の生活がままならなくなってしまったりと、妊娠することで心や体が抱える負担は大きくなります。また、出産して子どもが増えれば、これまでの生活とは生活環境が大きく異なってしまうため、それに戸惑いを感じる女性もたくさんいるのです。こうした妊娠や出産、月経に共通して言えることとして、「ホルモンバランスの乱れ」もあげられます。ホルモンバランスが乱れることでストレスを抱えやすくなり、それが、結果的にうつ病を発症してしまうことに繋がるのです。

うつ病を引き起こす女性特有の原因の一つに、「家庭内での葛藤」があげられます。近年は、女性の社会進出が多くなったことから、働く女性も多く見られますが、「結婚すると家庭に入る」という女性はまだまだたくさんいます。妊娠や出産もあるため、家庭に入らざるをえないという場合もありますが、未だに多くの家庭で、男性は外に出て働き、女性は家を守る・・・といったスタイルを取る家庭が多く見られるのです。そういった家庭に多く見られるのが、女性の「家庭内葛藤」となります。「自分はこのまま狭い環境の中だけで暮らしていくのか・・・」「仕事をやり遂げたかったのに・・・」「外に出て働きたい・・・」などなど、女性が抱える葛藤は、さまざまです。また、「嫁姑問題」などもあり、女性が家庭に悩みを抱えているケースは多いのではないでしょうか。それがストレスとなり、うつ病を引き起こしてしまうこともよくあるのです。

女性がうつ病を引き起こす原因には、男性と同じ「精神的打撃」もあげられます。仕事に関する打撃はもちろんのこと、近親者の病気や死なども、十分うつ病を引き起こす原因になってしまうのです。