男性に見られる原因

現代病の一つとなっている「うつ病」ではありますが、それを発症する原因は、人によってさまざまです。ではいったい、うつ病を発症する原因にはどのような原因があげられるのでしょうか。その原因とは、男性と女性とで異なる原因もあげられるようです。
まず男性に見られる、うつ病の主な原因の一つに「仕事の疲労」があげられます。家族を養うため、また独立した男になるため、一生懸命働く方は、たくさんいます。仕事で成績を伸ばすため、毎日遅くまで会社に残って作業をする方も多いのではないでしょうか。近年では「ブラック企業」と言われる会社も多く、深夜まで残業するのが強いられる会社も少なくありません。他にも、仕事のプレッシャーに押しつぶされそうになる方も多いのではないでしょうか。これらが原因で疲労がたまり、それが蓄積することでうつ病を引き起こしてしまう男性は多く見られるのです。

男性に見られるうつ病の原因の一つに、「転職」「移動」があげられます。サラリーマンに多く見られる「転職」や「移動」ではありますが、それが原因でうつ病を引き起こしてしまうこともよくあるのです。転職先、または移動先の職場環境が必ずしも良いとは限りません。新たな職場での上司や先輩と馬が合わなかったり、働きづらい環境であれば、それがストレスとなり、うつ病を引き起こしてしまうこともよくあるのです。

男性に見られる主なうつ病原因の一つに、「精神的打撃」があげられます。精神的に打撃を受けることは、多々あります。仕事で大失敗をしてしまったときもそうですし、上司や先輩、家族などに迷惑を掛けてしまった際にも、精神的ダメージを受けてしまいます。また、近親者が思い病気を患ってしまったり、または死んでしまったりした際にも、大きな精神的ダメージを受けてしまうのではないでしょうか。こうした著しい精神的打撃を受けた際にも、うつ病を引き起こしてしまうことは多々あります。

他にも、「経済問題」もあげられます。男である以上、一家の大黒柱である以上、「家族を養わなくてはならない」と考える男性は、たくさんいます。しかし、思うように出世できなかったり、不景気でもあることから、リストラや減給されたりすることもありますよね?その際に、「家族を養わなくてはならないのに・・・お金が・・・」と、経済的な問題を一人で抱え込んでしまい、うつ病を引き起こしてしまう男性も多いのです。